~Fishing report~      Masabeeの釣り日記      ~Fishing report~

時期

2003年8月上旬A

時間

正午前後

天候

晴れ

場所

天草下島北海岸

潮の状態

小潮満潮前後??

前回思いのほか釣れなかったので今回は場所を微妙に変えてみた。あと、サビキ釣りの他に投げ釣りも組み合わせて、どちらかでなんか釣れればいいやと、保険を掛けてみた。

8月の正午前後はやはり暑い。持参したコーラが、生ビールのように体内に吸い込まれていくようだ(本当は生ビールが飲みたいのだが、釣りにならないので・・・おまけに体力消耗するし・・・)。

投げ釣りは15号のジェット天秤と11号の投げ仕掛けにゴカイの組み合わせだ。海底が完全に砂ではなく、所々に石や藻があるためなかなかに神経を使う。その反面、魚の集まりは良いようで、キスが数匹掛かった。

サビキのほうは6号仕掛けにアミコマセ。アジの群れが来るたびに2〜3匹ずつ掛かる。そのうちに非常に重い感触がきた。なにやら見たことのない魚が掛かっている。何とカワハギである。しかも針が口ではなく、あごの下から上向きに掛かっている。これは完全に事故かな・・・。思わぬ収穫ににんまり。

投げ釣り仕掛けをしばらくほったらかしておいたが、こちらには根がかりしたような感触が・・・。ハリスが切れるのを承知でリールを巻くと、こちらにもカワハギが・・・。都合2匹と、本日は大漁の一日。

夕食は竜宮城とまではいかないが、アジの刺身、カワハギの刺身などに・・・。生まれて初めてカワハギを捌いたが、意外と簡単でした。

 

釣りに戻る